投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 京都ロームシアター

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年 1月24日(水)14時49分11秒
返信・引用
  初心者さんへのお返事です。

こんにちは。岡崎エリア、いいですよね。ロームシアターに変わってから訪れていないので、今度バレエでも見に行きたいなと思っています。

ところで、動物園で、動物を自給しようとする時には、遺伝的な多様性を確保していくことが必要なのだそうです。
文化にも、それに近いところがあるのではないかと思います。

もう一つは、刀の文化を享受する人が今日のように多様である時、自らのこれぞ伝統という価値観に基づくルールだけで押し通すことは、余計な摩擦を引き起こすだけなので、システムの近代化を図り対話しようとすることは不可欠だと思います。

近代化は、自らを失うということとも違い、他に依存するということでもないのです。競争でなく、自分らしく共存する手段への模索の過程ではないかと。そして、様々な御刀が、優品主義の保存でなく、全体の構造を保ったままで面で存在し現代に生きて、さらに新たに作られる御刀も含めて立体化していくような保存のあり方ができないかと思うのです。それには多くの方の力やご理解が必要ですね。

そうしたことは、刀剣小町という「小さな町」を構築する上で、立脚点となっているのは間違いないです。
どうやら見抜かれていたようで…

http://www.toukenkomachi.com

 

京都ロームシアター

 投稿者:初心者  投稿日:2018年 1月23日(火)21時35分9秒
返信・引用
  ツカダ様 こんにちわ
京都の美術館を散歩がてら見にいきました。
岡崎地区は平安神宮や美術館や京都ロームシアターなど新旧とりまぜたモダンなエリアです
ちょうどゴーストというイベントをやってましたが
ここのエリア自体がファイナルファンタジー風の現代的風景とその裏手は渋い武道館があり
カオスな世界です。
ツカダ様は学生時代京都ですごされたそうですが
刀という伝統的なものにプラス洋風モダン感があるのはそうゆうとこからなんでしょうか?

http://timewarp.jp/images/upload/2017/12/ob_02.jpg

 

Re: あけましておめでとうございます

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年 1月 8日(月)16時29分10秒
返信・引用
  初心者さんへのお返事です。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

ご紹介の映画は、一見物々しいタイトルですがコメディなのですね。
主人公の武器がなぜ刀なのかは、実に興味深いところどす。

ご覧になった方がいらっしゃいましたら、ご感想などどうぞお気軽に書き込んでくださいませ。

http://www.toukenkomachi.com

 

あけましておめでとうございます

 投稿者:初心者  投稿日:2018年 1月 7日(日)13時24分57秒
返信・引用
  塚田様 あけましておめでとうございます。
今年は明るい年になればいいですね。
古美術以外の話ですいませんが
ニコラスケイジのオレの獲物はビンラディン
刀関係の映画ですがライトでポップです。
9.11テロで憤慨していた主人公に神?の啓示がおりて
ビンラディンに単身戦いを挑むという実話で
彼の武器がなぜか刀ですが
西洋的なことにも興味のあるかたにおすすめです。

http://timewarp.jp/images/upload/2017/12/ob_02.jpg

 

謹賀新年

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年 1月 4日(木)16時30分10秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。

皆様、お正月を如何お過ごしでしょうか。

刀剣小町は、おかげさまで今年、創業から10年目を数えます。

これからも、刀剣や刀装具を愛する皆様のお役に立てるよう、精進してまいります。
素敵な御刀や刀装具、御刀袋、書籍等も、どしどしご紹介させていただきます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                          平成30年 仕事始めの日に

http://www.toukenkomachi.com

 

Re: 幕末刀

 投稿者:初心者  投稿日:2017年12月11日(月)12時34分51秒
返信・引用
  > No.1347[元記事へ]

番頭・ツカダさんへのお返事です。

大河ドラマも来年は西郷さんらしいので…
直虎も次回で最終回なので大阪城貼ります
来年はいい年になりますように。
 

Re: 幕末刀

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2017年12月 9日(土)14時27分35秒
返信・引用
  初心者さんへのお返事です。

こんにちは。寒くなって、今年もあと少しになりました。
風邪など召されませんよう、十分暖かくしてお過ごしください。

美術館めぐりなどは、よく歩きますので運動にもなり、気ままな散歩がてらにもちょうどいいです。
歩いているうちに温まってきますし。

初心者さまは、いろいろな時代の御刀をコレクションされているのですね。
そして見比べて出てきた幕末刀の表現が「銀黒感」。
いいですね~。色を鑑賞したように見えながらこの頃の御刀の独特のソリッドなマテリアル感まで表現されていると感じます。

御刀を見て、言葉で表現するのはとても難しいことですが、誰かとじぶんの感じたことを共有したいときに、やはり言葉があるといいものですね。

http://www.toukenkomachi.com

 

幕末刀

 投稿者:初心者  投稿日:2017年12月 6日(水)11時05分42秒
返信・引用
  つかだ様 こんにちは
めっきり寒くなった今日この頃
美術館めぐりなどの際にも
風邪などひかぬようお気を付けください。
ひさしぶりに刀の写真を張ります。
幕末刀で古刀のきれいさはないものも
これはこれで銀黒感がいいでしょう。

 

Re: 正倉院展

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2017年11月 5日(日)14時02分1秒
返信・引用
  初心者さんへのお返事です。

可愛いシカちゃん、いえ、シカ様のお写真をありがとうございました。
春日大社への参道で、シカがのんびりとお出迎えしてくれるのはとても癒されますね。
正倉院展の翌日に春日大社国宝殿での特別展も拝観できました。藤原忠実が奉納した太刀などもあって平安時代の秘宝が有難すぎます。

カルラは魅力的ですよね。迦楼羅の伎楽面がお好きでしたら、東京国立博物館にある法隆寺宝物館の伎楽面もおすすめです。
正倉院や東大寺のものと比較してもさらに古いようで、伎楽は国際色豊かな芸能であったものの日本にしか残っていないとのことです。木や漆で繊細な素材を用いているため、展示期間が限られているのでお出かけの際には確認してからの方が良さそうです。

そういえば、興福寺で「阿修羅 天平乾漆群像展」も開かれていましたが、ここにも迦楼羅像が阿修羅像の斜め後方にいらっしゃいましたこともお伝えしておきたく存じます。

http://www.toukenkomachi.com

 

正倉院展

 投稿者:初心者  投稿日:2017年11月 5日(日)03時08分18秒
返信・引用
  私はまだ見学してなかったので休日がてら行ってきました。
シルクロードを感じさせるような展示内容で個人的にはカルラ面がよかったです。
建物のそとに普通にシカがのんびりしてます。
少し行くと春日大社がありそこでは平安時代の宝物展を開催しており和物中心の展示みたいで
併せてご覧になれば面白そうです。(今回時間がまにあわず残念でした)
つかだ様は文化財と学芸員資格の勉強なされているそうですが
またなにかいい展覧会があれば教えてください。
 

/133