<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今年の桜

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2020年 4月19日(日)13時12分19秒
返信・引用
  みなさま、こんにちは。
お元気でお過ごしでしょうか。

今年は外出を控えて人との接触を避けなければならず、何気なく人と会ったり遊びに行ったりしていた普通のことができなくなっています。
当たり前と思っていたことが、当たり前でなくなるということがあるのですね。

少し前になりますが、3月の終わり頃、近所のお寺のあたりを散歩していたら桜が美しく咲いていました。

宋の范文正は『岳陽楼記』で、「士ハマサニ天下ノ憂ニ先ダチテ憂ヒ、天下ノ楽ニ後レテ楽シムベシ」と書いています。
いろいろな対応に追われ桜を見逃したという方に、今年も変わらず桜が咲いたことを確認していただく材料になれば嬉しいです。

家にいる時間が長いときこそ、ゆっくりと刀の手入れをしたり、観賞をして、刀をより深く知るチャンスだと思います。

刀剣小町では、多くのみなさまが刀と良い時間を過ごせるように願いつつ、素敵なお品をご紹介して参ります。

https://www.toukenkomachi.com

 

湯島天神の思い出

 投稿者:番頭 ツカダ  投稿日:2020年 2月23日(日)19時42分42秒
返信・引用
  みなさま、こんにちは。

少しずつ春の空気が感じられるようになってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今日は湯島天満宮の梅まつりを見に行ってきました。
梅はもうだいぶ咲ききっていて、日陰にある梅が若干、満開にちかい梅の花らしい輪郭を残していました。

湯島天満宮は菅原道真を祀って学問の神様として有名ですね。
たまたま今日、湯島天神へ行こうと思いたって準備していたときに、ふと高校受験の思い出がよみがえりました。
いったい何年まえのはなしでしょうか(笑)、いえまだ数十年です(キリっ)。

公立の志望校が同じで一緒に塾に通ってがんばっていた仲の良い友達が、最後の決断でより合格確実な高校を受けることになりました。
そして、受験前に東京の湯島天神へいって、私にも合格祈願のお守りを買ってきてくれたのです。

どんなに受験勉強をしても得られるものではない、彼女の優しさの意味やすごさを、ずっと後になってやっとじんわりと感じながら、今日初めて訪れた湯島天満宮の梅を眺めたことでした。

そういえば、梅と牛の図の鍔もあるんですよ。

https://www.toukenkomachi.com

 

謹賀新年

 投稿者:番頭 ツカダ  投稿日:2020年 1月 5日(日)23時20分49秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年のお正月は、若松を玄関の両脇に立てる飾りつけをしてみました。
素朴なものですが、若松の緑がとてもきれいで、みるたびに爽やかな気持ちになりました。
街を歩いてみると、いろいろな門松や玄関飾りがあって目を楽しませてくれます。

今日は、樋口一葉ゆかりの旧伊勢屋質店という明治時代の町屋を訪ねる機会がありました。
現在の所有者である学校法人跡見学園さんの、競技かるた部のかるた大会がこちらで開かれていたのです。
着いたときには、かるた大会はもう終わってしまっていたのが残念でしたが、明治の雰囲気を色濃く残した建物や蔵の内部を見学できました。

定期的に見学会を開かれたり、古民家カフェなどイベントを開催されたりして、国の登録有形文化財であるこの建築の活用を試みているそうです。
跡見学園の女子生徒・学生の方々が、かるた競技や歴史的建造物の保存ににぎやかに楽しく取り組まれていることを知り、素晴らしいなと思うことでした。

さてさて、すてきな御品が入荷しております。
順次ご紹介させていただきますので、どうぞお楽しみに。


https://www.toukenkomachi.com

 

紅葉・黄葉

 投稿者:番頭 ツカダ  投稿日:2019年12月14日(土)22時53分39秒
返信・引用
  みなさま、こんばんは。

先日、東京都の指定名勝 旧安田楠雄邸庭園を訪ねました。大正8年に造られ、今年で100年になるのだそうです。色鮮やかな木々が美しかったです。

今年は例年以上に秋になっても暑さが続いたり、冬になったと思ったら日々寒暖差が大きかったりして、なかなかたいへんな気候のように思います。

そのせいかわかりませんが、15年くらいここに通っているというガイドをしてくださった方が、「いままで見たこともない色とりどりの紅葉で私たちも驚いています」とおっしゃっていました。

一番最後の画像は、刀剣小町で、苗木から育てて5年くらいたつ山桜の紅葉です。
この夏に水遣りが不足していったん葉がすべておちたのですが、数週間で緑の小さな葉を方々から吹き出してあっというまに大きな葉を茂らせました。
この冬の落葉後の栄養を補っておく必要があったのでしょうか。やっとこのごろ色づき始めました。

旧安田楠雄邸庭園では、かつて奥様が植えたとされる枝垂れ桜の木が庭の真ん中で大きく成長していて、春になると見事な景色を見せてくれるそうです。

https://www.toukenkomachi.com

 

時代錯誤?

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2019年11月24日(日)20時19分36秒
返信・引用
  みなさま、こんばんは。

今日は、千駄木のある御宅の前を通りかかりましたら「大時代錯誤展」という催しが開かれていました。
島薗という表札がかかっており、ここが登録文化財の島薗家住宅であることがわかりました。

和歌山の医者の家系の島薗順雄という生化学を専門とした方のかつての邸宅で、建築家の矢部又吉によって昭和7年(1932)に建てられ、昭和16年(1941)に2階が増築されたのだそうです。

洋風の入口や洋間の書斎や居間の奥に和室が連なった和洋並置式の邸内に、江戸時代から明治・大正・昭和、現代のものまで、古い道具類やオブジェが色々と展示されていました。

古いものを愛好する者としては家も展示品も時代錯誤とは感じられなかったのですが、意外だったのは、こうした年月を経た古い家に、現代の工芸品を置くのも美的な共鳴が感じられてよかったことです。

ところで1階から2階へ上がる階段の木の装飾に見覚えがあるとおもったら、当店の机と同様のものでした。この時代に流行った意匠なのでしょうか。

以前の千住の店舗では、当店のスタッフでこの机を使用していましたが、移転後の店舗ではお客様にお使いいただくようにしました。
揃いの本立ても設置しましたら、ブースっぽくて落ち着いて小道具など観賞できると、なかなか好評です。
これはもともと、フランス文学を研究されていた方の持ち物だったのをご縁あって譲り受けたのです。

古いものを生活に取り入れ、ものを通して時代を行きつ戻りつしながら今を楽しむ、そんな価値をみなさまとご一緒にもっと掘り下げていけたらと思います。

https://www.toukenkomachi.com

 

刀剣小町 移転しました

 投稿者:番頭 ツカダ  投稿日:2019年11月 3日(日)22時38分3秒
返信・引用
  みなさま、こんばんは。

前回投稿してから、移転準備、引っ越し、移転後のさまざまな手続きなどをしているうちにあっという間に11月に入りました。
今後は、新しい場所から素敵なお品をご紹介させていただきます。どうぞお楽しみに。

今日は、近所を自転車で散策していましたら、駒込天祖神社へ行き当たりました。
文治5年、源頼朝が奥州征討の途中ここに立ち寄り、夢でお告げのあった良い前兆をみつけ神明を祭ったという由緒ある神社なのだそうです。
そのとき、頼朝やその統率した軍はどんな御刀の数々を携えていたのだろう、と鎌倉時代のはじめに想いを馳せました。

歴史のなかで、この地をどんな御刀が行き交ったのか、そして今からこの地でどんな御刀のことを発信できるのだろう、
なんだかわくわくがとまらない場所です。

またこの御刀談義室で、日々触れる光景や歴史に関することがらなど、投稿して行こうと思いますので、よかったらのぞいてみてください。

https://www.toukenkomachi.com

 

刀剣小町 移転のお知らせ

 投稿者:番頭 ツカダ  投稿日:2019年 9月25日(水)23時35分39秒
返信・引用
  みなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか。
今年の夏も暑い日が多く、やっと秋の深まりが感じられるようになってきました。

暑さのほかに、刀剣小町では、もう一つ秋の気配に気づくのが遅れた理由がありました。

千住の地を拠点として10年余り、
実は、国の公共事業のための立ち退き要請という創業以来はじめての出来事に遭遇しました。

京成本線の荒川における橋梁架け替え工事が予定されており、その事業の資材置き場として当店の場所が使われることになるそうです。
詳しくはこちらで説明されています。(国土交通省関東地方整備局ホームページより 記者発表資料 2019年04月02日)
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000743517.pdf

首都圏の安心のため、それなら、喜んで我々は立ち退こうと決めました。

同時に、次のステージに進むべき時が来たのだとも思いました。
奇しくも今年は刀剣小町創業10周年にあたります。

これまで刀剣小町をご愛顧くださったすべての方々のおかげで、この記念すべき年を迎えることができました。
これからも皆様への心からの感謝とともに、前を向いて進んでいきたいと思います。

10月下旬に文京区に移転いたします。
移転後も、ウェブサイトのURL、Eメールアドレス、電話番号、FAX番号は変わりません。

今後とも、変わらぬご指導・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 

Re: サーバー移行に伴うメンテナンスのお知らせ 

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2019年 4月15日(月)21時45分9秒
返信・引用
  刀剣小町ウェブサイトのサーバー移行に伴う、メンテナンスの作業が本日完了しました。
ご協力をいただきありがとうございました。

これまでよりさらに安全で快適な閲覧が可能となります。
引き続き、刀剣小町ウェブサイトをお楽しみください。

よろしくお願い申し上げます。

http://www.toukenkomachi.com

 

サーバー移行に伴うメンテナンスのお知らせ 

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2019年 4月11日(木)15時53分4秒
返信・引用
  平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、刀剣小町ウェブサイトのセキュリティおよびパフォーマンスの向上のため、新サーバへ移行いたします。

そのため、本日より数日間、刀剣小町ウェブサイトの閲覧がしにくい状況が発生する可能性がございます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

移行作業が完了しましたら、改めてお知らせいたします。
よろしくお願い申し上げます。

http://www.toukenkomachi.com

 

御刀のリアル

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2019年 2月 1日(金)14時20分50秒
返信・引用
  みなさま、こんにちは。
新年が明けまして2月に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

昨夜は刀剣小町のあたりでも雪がちらついて、透明の傘にふわりと載った大きめの雪片や、しずかに降る雪を街灯がスポットライトを当てて部分的に浮かび上がらせているさまが美しかったです。

素敵な御刀や刀装具、つまり、めずらしいもの、他の大勢が気づかないような良さをもっているもの、手入れが楽しめるもの、新たに価値を見出される日をいまかいまかと待ち続ける逸品などが続々と入荷しております。

なぜかよく販売が終了したあとに、あのときに出ていた〇〇はどうしました?とお問い合わせをいただくことがありますが、そのたびに、いつまでもあると思わないでください刀と刀装具と刀本、と思ってしまうのです。ここだけの話ですが(笑)

みなさま、どうぞお品との出会いを大切にしてあげてください。書籍は冬のセールも行なっております。

刀剣小町は、みなさまが出会うべきお品に着実に出会えるように、お品の情報を過不足なくお伝えすることこそわれらが使命と肝に銘じ、日々精進して参りたく存じます。

http://www.toukenkomachi.com

 

/134