投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


刀剣の探し方

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年10月17日(水)18時06分31秒
返信・引用
  日毎に秋めいてきた今日この頃ですが、皆様いかがおすごしでしょうか。

最近、刀剣のご紹介数が増えてきたこともあり、国内、海外のお客様から、刀剣小町ウェブサイトでの刀剣の探し方について、しばしばお問い合わせをいただきます。


刀剣小町は、刀剣に関するあらゆるものの集合体のようなウェブサイトです。

自由にあちらこちらのページを散策して、気に入ったお品を見つけていただくのが、一番おすすめの方法です。
現実にある品々をありのままに眺めてみると、実に豊かな刀剣の数々が、いろんな形でこの世にあることが感じられると思います。

とはいえ、時間があまりなくて効率的に好みのお品を見つけたい方には、直接「こういうものがありますか?」とお尋ねいただいてももちろん結構です。


予算が決まっていて、その範囲内で好きなものを見つけたいという方には、「小町一丁目」の刀剣目録が便利です。
太刀、刀、脇差、短刀等、カテゴリ別に価格順に掲載しています。
http://www.toukenkomachi.com/index_ja_tachi&katana.html


「小町五丁目」では、御刀用品をご紹介しております。お手入れ道具などはこちらからお求めいただけます。
手入具 袱紗 当て木・木槌…、文字をクリックすると、該当の場所にすぐに到着できます。
もうすぐ、正絹の御刀枕2色がこのラインナップに加わる予定です。どうぞお楽しみに。
http://www.toukenkomachi.com/index_ja_kaccyu&bugu.html

この仕組みは、「小町二丁目」の、刀装具のページでも、こちらはバナークリック式で導入しております。
http://www.toukenkomachi.com/index_ja_kogatana&tousougu&youhin.html


「小町七丁目」では、刀剣書籍のセールも行なっています。
このページでは、色枠内のタイトルや商品番号などの文字をクリックすると、ソートをかけられるように改良しました。同じようなテーマの本を探す時や状態や価格を比較する際に便利です。
http://www.toukenkomachi.com/index_ja_books.html


御刀袋なら「小町三丁目」へどうぞ。既製品のご紹介のほか、オーダーメイドやお持ち込み品のお仕立ても承ります。
http://www.toukenkomachi.com/index_ja_okatanabukuro.html


秋の夜長に、刀剣小町の散策をごゆっくりと、お楽しみいただけましたら幸いです。

http://www.toukenkomachi.com

 

ぶどうの花

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年 5月25日(金)14時20分33秒
返信・引用
  こんにちは。

先週、当店の横のぶどうの花が咲き、画像を撮りました。

このカベルネ・ソーヴィニヨンは、花の細かくてファァァとした形状が綺麗です。今年急速に伸びています。
例年、店の前のぶどうより芽吹きや開花の時期が遅いようです。その分落葉も遅いのでゆっくり楽しめます。

素敵な御刀がたくさん入荷しております。
ただいま準備中で、ご紹介させていただくのが楽しみです。

http://www.toukenkomachi.com

 

お花見

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年 4月 3日(火)18時57分20秒
返信・引用
  みなさま、こんにちは。

今年もいろいろな桜の咲く場所で、お花見を楽しまれていらっしゃることと存じます。

刀剣小町の近所ではもうほとんど花は散って、新芽が吹いています。この季節は、店の前の葡萄や白もくれん、山桜、むくげなどの植木が日に日にぐんぐん葉を広げていくので見るのが楽しみです。4年ほど前に、苗で購入した山桜は、なよなよしていたのに、しっかりとした枝ぶりになってきて、う、うれしい、、(涙)、でもまだ花をつけたことがないので、花の色はうつりにけりなどころか、花の色はまだかいな、という感じでしょうか。

今年は桜の季節が早かったので、先日奈良を訪れた時、思いも寄らず桜と東大寺の組み合わせに出合いました。いろんな国からの旅行者の方々が同じ景色を満喫していたようでした。

2枚目は、東京・上野の法隆寺宝物館前の水辺にて。



http://www.toukenkomachi.com

 

Re: 古い金具のイメージ

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年 3月12日(月)11時40分48秒
返信・引用
  > No.1359[元記事へ]

初心者さんへのお返事です。

> しじみ貝のリアルなのもありまして
> 柳生拵えの右手の手の内に入れようかと思ってましたが
> よく考えてからにします。

シジミの形がほんとリアルですね。経験や日常性の重視、宋代の士大夫みたいじゃありませんか。

シジミの相方に何かを持ってくるとすれば、水仙と答えたくなってしまいます。

太宰治の短編に『水仙』というのがありまして、面白いんですよ。
剣術も出てくるし、シジミが出てきて、パリィも出てくるので(笑)

http://www.toukenkomachi.com

 

Re: 古い金具のイメージ

 投稿者:初心者  投稿日:2018年 3月12日(月)03時54分22秒
返信・引用
  > No.1358[元記事へ]

番頭・ツカダさんへのお返事です。

しじみ貝のリアルなのもありまして
柳生拵えの右手の手の内に入れようかと思ってましたが
よく考えてからにします。


上の写真はチョコエッグ並に精密でしょ

下の写真は裏側
サイズ比較に軍刀目貫きと

じつはこうゆう金具や根付類はあまり知らかったもので
(さすがツカダさんなんでも知ってはりまんな~)
ありがとうございました。
 

Re: 古い金具のイメージ

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年 3月12日(月)00時36分54秒
返信・引用
  初心者さんへのお返事です。

たばこ入れの金具ですか、みやびな素敵なものを集められましたね。
目貫には、どうでしょう、厚み・大きさ・丈夫さとか、柄糸を巻いた時の手溜まりもよくよく考慮された方が良いかも…。

江戸の好みだと、こういうのもあるみたいです。江戸東京博物館で、以前気に入って写真を撮ったものです。

2枚目の画像の『更紗図譜』の稲葉通竜は、『装剣奇賞』の著者でもあります。ちなみに、彼は大坂人でっせ。

http://www.toukenkomachi.com

 

古い金具のイメージ

 投稿者:初心者  投稿日:2018年 3月11日(日)03時24分58秒
返信・引用
  ツカダ様 こんにちわ
これ財布や葉巻入れに使う金具らしいんですが古風な和物なので
片目貫に転用しようと考えたりしてます。
宇治川や鴨川のらんかん風でいいでしょ。
ミニなのにシャープで雰囲気かもします。
(イメージがなんか近代化に逆行的ですいません)


http://timewarp.jp/images/upload/2017/12/ob_02.jpg

 

Re: 京都ロームシアター

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年 1月24日(水)14時49分11秒
返信・引用
  初心者さんへのお返事です。

こんにちは。岡崎エリア、いいですよね。ロームシアターに変わってから訪れていないので、今度バレエでも見に行きたいなと思っています。

ところで、動物園で、動物を自給しようとする時には、遺伝的な多様性を確保していくことが必要なのだそうです。
文化にも、それに近いところがあるのではないかと思います。

もう一つは、刀の文化を享受する人が今日のように多様である時、自らのこれぞ伝統という価値観に基づくルールだけで押し通すことは、余計な摩擦を引き起こすだけなので、システムの近代化を図り対話しようとすることは不可欠だと思います。

近代化は、自らを失うということとも違い、他に依存するということでもないのです。競争でなく、自分らしく共存する手段への模索の過程ではないかと。そして、様々な御刀が、優品主義の保存でなく、全体の構造を保ったままで面で存在し現代に生きて、さらに新たに作られる御刀も含めて立体化していくような保存のあり方ができないかと思うのです。それには多くの方の力やご理解が必要ですね。

そうしたことは、刀剣小町という「小さな町」を構築する上で、立脚点となっているのは間違いないです。
どうやら見抜かれていたようで…

http://www.toukenkomachi.com

 

京都ロームシアター

 投稿者:初心者  投稿日:2018年 1月23日(火)21時35分9秒
返信・引用
  ツカダ様 こんにちわ
京都の美術館を散歩がてら見にいきました。
岡崎地区は平安神宮や美術館や京都ロームシアターなど新旧とりまぜたモダンなエリアです
ちょうどゴーストというイベントをやってましたが
ここのエリア自体がファイナルファンタジー風の現代的風景とその裏手は渋い武道館があり
カオスな世界です。
ツカダ様は学生時代京都ですごされたそうですが
刀という伝統的なものにプラス洋風モダン感があるのはそうゆうとこからなんでしょうか?

http://timewarp.jp/images/upload/2017/12/ob_02.jpg

 

Re: あけましておめでとうございます

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2018年 1月 8日(月)16時29分10秒
返信・引用
  初心者さんへのお返事です。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

ご紹介の映画は、一見物々しいタイトルですがコメディなのですね。
主人公の武器がなぜ刀なのかは、実に興味深いところどす。

ご覧になった方がいらっしゃいましたら、ご感想などどうぞお気軽に書き込んでくださいませ。

http://www.toukenkomachi.com

 

/133