teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


はやぶさ

 投稿者:ヤタロー  投稿日:2018年10月20日(土)19時01分1秒
  タヌキ殿が伝えてくれた、はやぶさ2のタッチダウンの今後のリハ一サルは、10月24日~25日と11月下旬~12月なんですね。これにより現在ある程度絞られている着陸地点にうまく誘導できるか、そのテスト結果が判明するわけですね。うまくいくといいですね。(以上、タヌキ殿が提示してくれたJAXAのサイトから得た情報)  
 

今年は21日がピークの予想だけど・・・>オリオン座流星群

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年10月17日(水)21時24分18秒
編集済
  猛暑、台風、地震と災害ばかりの夏が終わり、秋を飛び越して急に寒くなってきた昨今ですが、
お元気でしょうか?

さて、今年もオリオン座流星群の現れる季節となりました!
と言っても、国立天文台でも、今年は大出現にはならない?と、気のない?予想

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/10-topics02.html
---------------------------------------------------------------------------------------
10月21日頃、オリオン座流星群が極大(注)を迎えます。

「1時間空を眺めていれば、運がよければオリオン座流星群の流星を1、2個は目にすることができるかもしれません。

年によってはたくさんの流星が現れたことがありますが、今年はそのような予測はありません。」
--------------------------------------------------------------------------------------
これでは、”気力喪失”もいいとこ。
たぬき自身の電波での観測も、早々にアンテナを降ろしてしまいました!

太陽活動は低迷し、流星群も望めない・・・
2018年は、このまま冴えない状況で、終えるのでしょうか?

別のサイト

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00005948-weather-soci

https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10184_ph181022

等でも、

「今年はピークの夜に満月前の明るい月が輝いているので、月が沈む前までは空の条件のいい所でも期待できる流星数は1時間に5個程度となりそうです。」と冴えない予想。

たぬき@つくば 181017
 

2回目の着陸リハ成功>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年10月16日(火)16時47分33秒
編集済
  JAXA発表:

「はやぶさ2」は15日、着陸に向けたリハーサルで、これまでで最も低い高度22.3メートルまで降下することに成功した。

今月下旬にもう一度低高度に降下するリハーサルを実施し、来年1月末以降の着陸に向けた情報収集を進める予定とのこと。

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000022-mai-sctch

さすが22mまで降下すると、はやぶさ2本体の影もはっきり写っていますね!

たぬき@つくば 181016
 

とりあえず、残念…

 投稿者:ヤタロー  投稿日:2018年10月13日(土)18時01分41秒
  タヌキ殿、情報有難う。生命の起源に迫ろうと「リュウグウ」の石や砂を採取し、2020年に地球に戻る本体のミッションが実現できるか否か、JAXAには、何としても踏んばってもらいたいですね。当面、この話題でのタヌキ殿とのやりとりは中止となりますが、その間、本 HPで天体の勉強でもさせてもらいます。  

本体着陸は延期!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年10月11日(木)21時49分22秒
編集済
  着陸を来年1月以降に延期=探査機はやぶさ2―JAXA発表
---------------------------------------------------------------------------------------
JAXAは11日、10月下旬に予定していた探査機「はやぶさ2」本体の小惑星「りゅうぐう」への着陸を、来年1月以降に延期すると発表しました。

予想より地表に岩が多く、本体着陸に適した場所がみつからず、着陸の場所や方法を再検討することが必要と判断したとのこと。

記者会見した責任者の津田雄一JAXA准教授は「りゅうぐうの状況がよく分かってきたが、まだ材料不足。考える時間を確保したい」と話した。

はやぶさ2との通信を太陽に遮られ、運用ができなくなる11月下旬から年末までの期間を利用し、着陸計画を練り直す。

9月に投下した小型探査ロボット「ミネルバ2」が撮影した写真などから、地表には着陸に支障がある50センチ以上の岩が広範囲にあることが分かった。

先に、ヤタローさんも懸念していたまさに”ヤバい状況”にあるということです。
リハーサルを複数回行い、着陸候補地の詳細な状況確認などが必要と判断した訳です。

上記から、本体着陸は、来年1月以降になる見込みとのことです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011667501000.html

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181011-00000049-ann-soci

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000042-mai-sctch

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181011-00000076-jnn-soci
--------------------------------------------------------------------------------------
たぬき@つくば 181011 
 

MASCOTの運用終了!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年10月10日(水)09時04分19秒
編集済
  マスコット17時間超活動し目的の観測を完了!

https://mainichi.jp/articles/20181005/k00/00e/040/226000c

MASCOTは太陽電池ではなく、機体に内蔵されているリチウム一次電池で動作します。

電池の持続時間は約16時間(リュウグウの自転2回分ほど)ですので、
MASCOTの分離以降、リュウグウの2昼夜にわたって連続して運用をおこないました。

ヤタロー殿の言うとおりで、電池の残量がなくなったらその時点で、運用終了!

無事MASCOTがミッションを完遂した!ことがTwitterアカウントからも伝えられています。

-------------------------------------------------------------------------------------
All done with work! Oh my... can that be right? I explored Ryugu for more than 17 hours. That is more than my team expected. Do I get paid overtime for this? #asteroidlanding

And during this extra time, I also made another hop and explored part of a third asteroid day! But the best thing is: I sent ALL the data I collected to @haya2kun! Now team, it's up to YOU to understand Ryugu. #AsteroidLanding

4:11 - 2018年10月4日
--------------------------------------------------------------------------------------
詳細は、

https://twitter.com/MASCOT2018

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010009-giz-sci

たぬき@つくば181010

 

MASCOT

 投稿者:ヤタロー  投稿日:2018年10月 8日(月)17時58分30秒
  タヌキ殿、MASCOTの情報拝見しました。有難うございます。ただ電池が長く持たず、データ収集に差し障りはありませんか? 素人考えですが...。  

いよいよ極少期に!>9月の太陽活動

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年10月 6日(土)02時18分51秒
編集済
  (無線ヲタクネタ)

JA2YCZ(旧韮高物理部無線班)メンバー各位
JA2DYG/JI1BXD たぬき@つくば です

WDC-SILSO/SWNEWSより、9月の黒点相対数の月平均値が発表されました。
それによると9月は、”3.3”とのこと。

一桁台もいよいよ小さくり、毎月今季最少を更新しています。
------------------------------------------------------------------------------------
黒点が見えた日数は7日、無黒点は23日に達しています。

黒点相対数のグラフは底にくっついています。
前の極小の頃(2008~2009年頃)では、この状態が1年以上続いていました。
------------------------------------------------------------------------------------
11年周期が生きているならば、今年~来年辺りが極小になるのかも?

詳細は、 http://swnews.jp/ でどうぞ。

HF帯のDXコンディションは最悪で、HFのハイバンドは死んだままです。

唯一の救いは、デジタル微弱通信WSモードのFT8/JT65のお陰で、DX通信はかろうじて維持されていることでしょう。

私もCWやSSBでオンエアすることは全くなくなり、もっぱら7、10、14MHzの
FT8モードだけで、夜間のDX通信を楽しんでいます。

黒点相対数のグラフと、無黒点状態が続く最近の太陽表面の写真を転載して置きます。

たぬき@つくば 181006
 

3つ目のロボット探査機を分離!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年10月 4日(木)06時29分41秒
編集済
  独仏のロボ、小惑星リュウグウに着陸 はやぶさ2が分離

JAXAは3日、「はやぶさ2」に積んでいた独仏の小型ロボット探査機”MASCOT”を分離したと発表しました。

ロボは小惑星「リュウグウ」への着陸に成功!、地表の物質を調べ、データを地球に送ることになります。

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/galleries/onc/nav20181002/

MASCOTは、ドイツとフランスが共同で開発したロボット探査機です。
先に着陸した日本のロボット探査機と合わせ、今後は3つのロボットで探査することになります。

MASCOTがリュウグウに向けて降下中に撮影したリュウグウの写真が公開されています。
MASCOTからのメッセージは、
--------------------------------------------------------------------------------------
Hello #Earth, hello @haya2kun! I promised to send you some pictures of #Ryugu so here’s a shot I took during my descent. Can you spot my shadow? #AsteroidLanding
--------------------------------------------------------------------------------------
添付写真の右上の小さな長方形の影がみえますか?

これがMASCOT自体の影です。

尚、詳細は次のサイトでどうぞ!

https://twitter.com/MASCOT2018

たぬき@つくば 181004
 

RE ヤバイ>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 9月29日(土)00時01分26秒
編集済
  ヤタロー殿、改名したわけではなかったようですね!

70歳を過ぎて初めて宇宙に関心を抱くようになったとは!・・・驚きです。
ちと遅過ぎた感もありますが、せいぜい精進されますよう・・・

で、ご質問の件ですが、”はやぶさ2/リュウグウ探査のプロジェクト”は、
つくば部門は、一切関係していません。

JAXA3部門のうちで、「関係しているのは相模原在の宇宙科学研究所(ISAS)だけ」で、
基礎研究以降、開発、製造、試験、打ち上げ、運用、解析などの全てはISASでやっています。

先日ご見学なさったというつくばには、はやぶさ2(初代はやぶさを含んで)に関する展示は
ひとつもなかったのでは?(売店に記念バッジなどのグッズ程度は置かれていたかも?)

はやぶさ2の制御は、相模原から指令信号を出し、デジタル専用回線を通じ、
長野県の臼田に送られ、そこにある64mパラボラアンテナから電波を出して行っています。

但し、電波でも片道10数分は掛かる超遠距離なので、リアルタイムでの制御では不可能で、
全てはやぶさ2に搭載されたコンピュータで予めストアされたソフトウエアによって、

全自動で自立して観測、探査、ヘルスチェックなどが行われている訳です。
観測写真や搭載機器の動作データは、臼田アンテナに送り返して、専用回線で

相模原に送り返され、相模原で解析、運用計画作成などがなされている訳です。

記者会見や対外発表、広報も、東京在のJAXA本社が分担していますので、
つくばで行われている作業は全くありません。

この辺りの詳細は、はやぶさ2のプロジェクトサイト

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/

で、ご確認頂けます。

たぬき@つくば 180928
 

ヤバイ

 投稿者:ヤタロー  投稿日:2018年 9月28日(金)19時53分8秒
  確かにゴツゴツですね。本体の着陸、ヤバイですね。
タヌキ殿に質問。
本体の制御は筑波から例の電波1本で、やり遂げるわけですか?
 

ロボット探査機が撮影したリュウグウの写真第2弾!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 9月27日(木)23時34分54秒
編集済
  既にリュウグウに着陸したロボット探査機ミネルバ2が撮影した画像の第2弾が、

今日、9/27に公開されました!

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180927_HighestRes/

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000065-mai-sctch

これらを見た限りでは、リュウグウの表面は、かなりゴツゴツした岩ばかりで、

10月下旬に予定されている、はやぶさ2本体が着陸するのは、大変な作業になりそうですね!

たぬき@つくば 180927
 

やぁー、注目しています

 投稿者:ヤタロー  投稿日:2018年 9月27日(木)09時15分47秒
  JAXA見学が私の人生を変えました。これからはタヌキ殿と一緒です。宇宙旅行についていきます??
ところで、大事な本体着陸がありました、ですよね。うっかりしていました。そして、で指摘のように、あれも、これも、ありました、ですよね。それにしても最終結論が分かるのは、オリンピックの年とは………。宇宙旅行て辛抱との開いなんですね。
時々情報提供をよろしく、です。
 

セタローさん?、ヤタローさん?>RE 祝福

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 9月25日(火)23時16分36秒
編集済
  ヤタローさん(セタローに名前かえたんじゃないの?)がこの分野に関心を持つなんて!!!

久しぶりの書き込み、ありがとうございます。

そう、今まではマダマダ序の口。この先、

・はやぶさ2本体が着陸できるか?

更に

・サンプルを捕獲できるか?

そして、長い時間を掛けて、

・地球に帰還できるか?・・・ちょうど東京オリンピック開催の年!

気の遠くなるような難関山積!、まさにこれからが正念場です。

たぬき@つくば 180925
 

祝福

 投稿者:セタロー  投稿日:2018年 9月24日(月)19時39分21秒
  ロボット着陸、おめでとう~ん!! 急にJAXAシンパになってしまったヤタロー君? 孫の小学校入学に次いでウレチイです?  

ロボット探査機、着陸成功!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 9月23日(日)12時10分9秒
編集済
  ■ JAXA 発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小惑星探査機「はやぶさ2」搭載ローバMINERVA-II1の小惑星Ryugu(リュウグウ)への着陸成功について

http://www.jaxa.jp/press/2018/09/20180922_minerva2_j.html


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」から搭載ローバのMINERVA-II1を分離し、小惑星Ryugu(リュウグウ)に着陸させる運用を実施しました。

運用の結果、MINERVA-II1(ローバ-1A 、ローバ-1Bの2機)はリュウグウに着陸できたことが確認できました。各ローバの状態は正常で、リュウグウ表面での探査を開始しています。

「はやぶさ2」は、MINERVA-II1を分離後、リュウグウの中心から約20km上空のホームポジションへ平成30(2018)年9月22日15時(日本時間)に戻りました。「はやぶさ2」の状態は正常です。

■「はやぶさ2」の運用に関する情報については、JAXAウェブはやぶさ2特設サイト、はやぶさ2プロジェクトサイトにてお知らせします。

はやぶさ2特設サイト
http://fanfun.jaxa.jp/countdown/hayabusa2/
はやぶさ2プロジェクトサイト
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/

参考:MINERVA-II1が撮影した画像
http://www.jaxa.jp/press/2018/09/20180922_minerva2_j.html#at1

発表日:平成30年9月22日
発表:
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
────────────────────────────────────────
関連リンク:
小惑星探査機「はやぶさ2」(ISAS)
http://www.isas.jaxa.jp/missions/spacecraft/current/hayabusa2.html

小惑星探査機「はやぶさ2」(JAXA プロジェクトページ)
http://www.jaxa.jp/projects/sat/hayabusa2/index_j.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行:JAXA(宇宙航空研究開発機構)広報部 http://www.jaxa.jp

--------------------------------------------------------------------------------
着陸したロボット探査機が撮影した画像の一部を添付します。

さあ、これから小惑星リュウグウの探査が始まりますね!

尚、はやぶさ2本体の着陸は、10月の半ばになるとのことです。

たぬき@つくば 180923
 

はやぶさ2の成功を!!

 投稿者:セタロー  投稿日:2018年 9月22日(土)16時47分35秒
  先日、つくばのJAXAに行き、ロケット、衛星に大変魅了されました。今回のミッション、大いに期待しています。タヌキ殿、いつも有難う。  

探査ロボットを投下!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 9月21日(金)23時08分22秒
編集済
  はやぶさ2から、リュウグウに向かって、9月21日 13:35JSTにロボット探査機:MINERVA-II-1を分離したことを確認した模様です。

尚、探査機の状態は正常とのこと。

高度80mから撮影された、リュウグウとはやぶさ2の影の写真が公開されてます!

先の影の写真と比べると、だいぶ大きくなって、はやぶさ2の形がはっきり見えていますね。

無事到着できたか?などの、結果の成否は22日以降に判明するとのこと。

詳しくは、以下のサイト等でどうぞ!

https://twitter.com/haya2_jaxa?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Eembeddedtimeline%7Ctwterm%5Eprofile%3Ahaya2_jaxa%7Ctwgr%5E373939313b73706563696669635f73706f7274735f616374696f6e&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.hayabusa2.jaxa.jp%2F

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000045-mai-sctch

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000078-jij-sctch

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000651-san-sctch

たぬき@つくば 180921
 

リュウグウに影が写った!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 9月13日(木)21時50分0秒
編集済
  タッチダウンリハーサルの途上、リュウグウにはやぶさ2の影が映ったようです!

添付写真の左側の少し明るい部分の中の、”黒い点!がそれのようです。

ちと判り難いかも?

画面上でクリックすると少し拡大されて、その黒い点が「角ッポクみえる」かも?

わかるかなー?

詳しくは、下記のサイトでどうぞ。

https://twitter.com/haya2_jaxa?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Eembeddedtimeline%7Ctwterm%5Eprofile%3Ahaya2_jaxa%7Ctwgr%5E373939313b73706563696669635f73706f7274735f616374696f6e&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.hayabusa2.jaxa.jp%2F

たぬき@つくば 180913
 

タッチダウン1リハーサル1 は中止!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 9月12日(水)21時48分59秒
編集済
  JAXA発表 トピックス
タッチダウン1リハーサル1(TD1-R1)の結果

----------------------------------------------------------------------------------
最初のタッチダウンに向けて1回目の運用リハーサルを9月10日から行っており、9月11日から探査機はリュウグウに向けて降下をしていました。

本日(9月12日)、最低高度に向けて降下をしていましたが、”高度約600mで探査機は自律的に降下を中止して上昇に転じました。”

理由は、「リュウグウ表面の反射率が低いことにより、小惑星表面と探査機の間の距離を計測していたレーザ高度計(LIDAR)の計測が出来なかった」ことに起因すると考えられます。

しかし、探査機の状況は正常で、本日、探査機をホームポジション(小惑星中心から約20kmの位置)に戻します。

明日以降は、LIDARの設定値の見直しを含め、降下手順の修正検討を行う予定。

詳細は、

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180912/

でご確認下さい。

----------------------------------------------------------------------------------
これからが正念場ですね!

たぬき@つくば 180912
 

願いは届かなかったかも?>ペルセウス座流星群 結果

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 9月 8日(土)21時39分13秒
編集済
  猛暑、台風、加えて大地震と、このところ災害がたて続けて起きていますが、

同期メンバーの皆さま、如何お過ごしですか?

こちらつくば地方は、台風の風こそ酷かったですが、幸い大きな被害とはならずに済みました。

そんな訳で去る8月13日に出現のピークを迎えたペルセウス座流星群、

だいぶ遅くなってしまいましたが、今頃リポートさせて頂きます。

生憎、当日前後は曇天続きで、目視観測は全く不可能でしたので、

恒例の電波観測を試みたところ、”流星は何故かたった1個観測できただけ”?!です。

各地からの目視レポートでは、写真も結構撮れたようですので、天候に左右されない電波では

もっとたくさん観測できてもいいハズなのですが・・・何故かたった1個だけ???

調べてみた限り、53MHz帯の観測用受信機・アンテナ・データ処理用PC・ソフト等の

どこにも異常は見当たらず、かつ得られたたった1個の画像自体も全く正常!

「何故1個だけしか画像が取得できなかったのか?」・・・途方に暮れている次第。

唯一疑われる点は、観測用電波の送信局が、従来の福井高専局→今回は@福井県立大局に代わった点です。

しかし、つくばから見た送信局の方角も、送信局の諸元も従来とほとんど変わりないし?

原因は、次の流星群の時にでも再現するかどうか?等、で確認するしかないのかも・・・

と言う訳で、たった1枚の取得画像を紹介して、お終いとします。

こんな結果では、「星に願いは届かなかった?!」でしょうねー。

尚、画像上で右クリックして頂くと、細部が拡大表示されますので、

画面下部の黄色の柱を上方に辿っていくと、縦軸1KHz辺りの位置で、

”たった1個の黄色の点”が見えてくると思います。それが流星痕です。

さて、どなたか目視で観測できた方、写真撮影できた方いらっしゃいますか?

たぬき@つくば 180908
 

着地候補地点を決定!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 9月 2日(日)18時01分12秒
編集済
  018年8月17日に着陸地点選定(LSS:Landing Site Selection)会議が開催され、

タッチダウン、MASCOT、MINERVA-II-1の着地候補地点が決定されました。

最初のタッチダウンは10月の下旬です。

以下に運用予定日の概要を添付します。

詳細は、以下の特設サイトでどうぞ!

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180829/index.html

たぬき@つくば 180902
 

流星(ほし)に願いを!>ペルセウス座流星群

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 8月11日(土)00時55分28秒
編集済
  今年ののペルセウス座流星群は8月13日10時頃に極大を迎えると予想されています。
8月11日が新月のため月明かりの影響はまったくなく、たいへんよい条件となります。

詳細は、次の東京天文台のサイトでご確認下さい。

https://www.nao.ac.jp/astro/feature/perseids2018/

多くの流星を見ることができるのは、12日の夜を中心にした3夜ほどで、
21時頃から流星が出現し始め、夜半を過ぎて薄明まで徐々に流星の数が増えていくと考えられます。

日本での「いちばんの見頃は13日の未明=12日の24時過ぎ」と予測され、
夜半から未明まで放射点の高度は高くなり、未明に最も高くなります。

放射点の高度が高くなるにつれて出現する流星の数も多くなっていき、
空が明るくなり始める前に最も多くの流星が出現するものと思われます。

見え始めは、北東の方向、仰角は40度辺りが一応の放射中心ですが、
流星は空のいろいろな方向、いろいろな仰角で流れるので、

一点ばかりを凝視しないで、広い範囲をゆったり眺めているのがコツです。
(添付図参照)  尚、双眼鏡や天体望遠鏡は不要です。

空の暗い場所で肉眼で観察したときに見える流星の数は、
”最も多いときで1時間あたり40個程度”と予想されています。

1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」
と呼ばれる8月の「ペルセウス座流星群」、果たして今年はどこまで見えるでしょうか?

たぬき自身は、恒例の電波観測を試みる予定です。
幸いアンテナは、2回も接近した台風でも無事でした!

長く続いている猛暑のため、十分な調整こそ出来ていませんが、
一応の性能は出ているようなので、流星痕をどこまで捉えられるか?。

台風一過、一向に涼しくならない今夏ですが、つかの間の涼を求めて
夜空を見上げみませんか?

そして流星が見えたなら、”星に願いを”お忘れなく!

たぬき@つくば 180811
 

とうとう今季最少に!>太陽黒点

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 8月 4日(土)00時40分24秒
編集済
  (無線ヲタクネタ)

JA2YCZ(旧韮高物理部無線班)メンバー各位
JA2DYG/JI1BXD たぬき@つくば です。

猛暑が続いていますが、お元気でしょうか?
例年、台風一過の後は、急に涼しくなっていたつくば地方ですが、今年は異常です。

さて、無線ヲタクにとって気になる、最近の太陽活動/太陽黒点の推移ですが、
SWニュースの7月分の発表によると、とうとう「”黒点相対指数”が最低になった」とのこと!

http://swnews.jp/

地上は猛暑でも、太陽活動・黒点数はいよいよ衰退!、寒冷化の一途のようです。
7月の黒点相対数値1.6はもちろん、長期に続く無黒点状態!

毎月の「太陽は無黒点が続いています」のアナウンスを見る度に意気消沈してしまいます。
HF帯のDX通信にとっては、最悪の電波伝搬環境の真っただ中ではありますが、

唯一の救い?となっているのは、今大流行中のWS(微弱)通信モード(JT65やFT8)
の存在です。

HF帯のどのバンドもSSBやCWの全く聞こえない日はあっても、FT8でのDX通信の
聞こえない日はありません。

特に早朝~午前中の50MHz帯、夜間の7/10/14MHz帯のWSバンドは、
毎晩コンテストが行われているか!のような賑わいです。

私も、CWやSSBでオンエアする時はほとんどなくなって、専ら”FT8”での運用の毎日!
未経験の方もその素晴らしさを是非体験してみて下さい。

FT8での運用成果の詳細は、別途報告予定(請うご期待!)
終わりに、上記サイト発表の7月期の太陽黒点フラフなど3枚を転載して置きます。

たぬき@つくば 180804
 

残念、2回戦敗退!

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 7月16日(月)14時16分23秒
編集済
  本日行われた母校の第2回戦は、浜松大平台に、1―3で負けてしまいました!。

残念・・・

詳しい経過は、下記サイトなどでどうぞ。

最近の母校は、甲子園には遠いですね・・・

http://yakyu.satv.co.jp/game/score/score_92.html

たぬき@つくば 180716
 

母校の第2回戦は本日!

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 7月16日(月)03時32分10秒
編集済
  初戦を突破した母校の第2回戦は、本日16日(月)に行われます。

対戦相手は、”浜松大平台”で、am10:00~、@島田球場の第二試合、の予定です。


猛暑・酷暑の真っただ中ですから、応援は大変ですね!

どなたか、応援に行かれる方、いますか?

尚、速報は、以下のサイトでどうぞ!

http://yakyu.satv.co.jp/game/

たぬき@つくば 180716
 

初戦突破!>高校野球・母校の昨日の結果速報

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 7月15日(日)01時18分27秒
編集済
  昨日、7/14に行われた母校対聖隷クリストファーの結果は、

5-4で母校が勝利しました!

まずは、初戦突破おめでとうございます。

この結果、次の試合(第2回戦)は、16日に浜松大平台と当たることになりました。
------------------------------------------------
▽草薙球場

 科学技術 7―2 藤枝東

 浜松湖東 6―3 御殿場西

 韮山 5―4 聖隷クリストファー

その他の試合結果は、次の通り。

https://koshien117.blog.fc2.com/blog-entry-1825.html

-------------------------------
たぬき@つくば 180715
 

50MHz帯2エレHentennaの試作

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 7月12日(木)02時13分49秒
編集済
  (久しぶりの無線ヲタクネタです)

JA2YCZ(旧韮高物理部無線班)メンバー各位
JA2DYG/JI1BXD たぬき@つくば です。

猛暑が続いていますが、お元気でしょうか?

さて、昨年の夏(5~8月)には、太陽活動が最衰期にも関わらず、50MHz帯では新デジタルWS通信”JT65モード”による超DXが大盛況!になったことは、既にご存知のことと思います。

これは、Esのマルチホップ伝搬(?)によるものと言われ、北米やEu、更にはアフリカとの交信に成功した方がたくさんとのこと!

私は残念ながら、JT65モードの免許申請は、その時は行っておらず、今年になって初めて実施したので、昨年同季のその超DX通信を体験することは出来ませんでした。

で、今年こそは、是非ともその醍醐味を味わってみたいと思い、先に仮設していた50MHz用の簡易アンテナ(=通称ヘンテナ、学名Hentenna)の1エレを、少しでもゲインを稼ごうと2エレ化への改修を思い立ち、急遽実験してみました。(添付写真参照)

既にEsシーズンは始まっており、国内の各エリア~近海もの(HL、BV、中国B・等)とは多数交信が出来ており、一応2エレ化の効果は出ているかな?と言ったところです。未だ調整が不十分ですが、F/B比はフロントS9、バックでS5程度は出ています。

尚、昨年のJT65モードに対し、今年は既に最新のFT8モードが主流になっていますが、
巷では、FT8よりJT65の方が確実にDX交信ができる!?との声も・・・

2エレ化により当初目的の、北米/Eu等の局は辛うじて聞こえるようにはなりましたが、
バンドがオープンする朝の(6時~10時)DX時間帯になると、バンド中、一斉に国内局の発するCQのコールで満杯状態!!、(どこからこんなに出てくるのでしょうか?)、

北米やEu局が聞こえて(文字通信ゆえ、”見えて”と言うべき?)も物凄いパイルアップになってしまい、私のような弱小局は臆してしまいそう。

そんな状態ですので、未だ1局も交信に至っていませんが、そのうちに瞬間的に太陽黒点が増加して電波伝搬状態が良くなれば、少しは交信できるかも?!、と拙い望みを繋ぐ次第。

残りのシーズンもあと一月強ですが、なんとか挑戦を続けてみるつもりです。
それにしても連日の猛暑はつくば地方も例外でなく、試作したアンテナの調整も思うように
進まないのが、もどかしい限り・・・。

使用感など詳しい結果は、別途報告したいと思います。

尚、添付の、2エレHentennaの雄姿?の写真は、

上段:現在の姿で、手前側のバラン付き給電ケーブルの見える側がフロント方向、
中段:地上で組み立て中の上部パイプと下部パイプ、縦のエレメントはワイヤーケーブル、
下段:建立初期の姿(=縦方向エレメントの摺動部パイプと下部パイプは直結)

アンテナ全体は、強風から守るため、滑車とクレモナロープで上げ降ろし可能にしています。

たぬき@つくば 180712
 

民間ロケットMOMO2号、打ち上げ失敗!

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月30日(土)14時17分19秒
編集済
  残念!、今回も失敗・・・

詳しくは、以下のサイトで。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6288174

https://www.asahi.com/articles/ASL6Z2WDCL6ZULBJ005.html?ref=yahoo

http://www.kachimai.jp/page/bbs.php?cat=300

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000026-tospoweb-ent

たぬき@つくば 180630
 

今度こそ!>明日30日打ち上げの民間観測ロケットMOMO2号

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月29日(金)23時27分18秒
編集済
  民間ロケット「MOMO(モモ)」の打ち上げは30日(日)16時30分頃を予定。

打ち上げ日時変更の場合は、打ち上げ時刻に合わせて中継を開始。
※現地の電波状況により中止する場合あり。


・打ち上げ時刻:7/30(日)16:30頃打ち上げ予定

・「観測ロケットモモ打ち上げライブ中継」7/30(日)15:30~

詳しくは、次のサイトでどうぞ!

この中では、過去の開発の歴史が一目で窺える動画も紹介されています!

http://kachimai.jp/feature/ist-momo/

頑張れ!MOMO2号!

たぬき@つくば 180629
 

リュウグウに到着!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月27日(水)12時01分45秒
編集済
  JAXA 発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu到着について

http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180627_hayabusa2_j.html

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000004-wordleaf-sctch

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu(リュウグウ)への到着を確認しましたのでお知らせします。

JAXAは平成30(2018)年6月27日の「はやぶさ2」の運用において、「はやぶさ2」の化学推進系スラスタを噴射して軌道制御の運用を行いました(※)。

JAXAは、「はやぶさ2」から取得したデータから、
・「はやぶさ2」の化学推進系スラスタの噴射が予定通り行われたこと
・「はやぶさ2」と小惑星リュウグウとの距離が約20kmであること
・「はやぶさ2」が小惑星リュウグウとの距離を維持できていること
・「はやぶさ2」の状態が正常であること
を確認しました。

これにより、「はやぶさ2」が9時35分(日本時間)に小惑星リュウグウに到着したことを確認しました。

今後は小惑星リュウグウの科学観測、試料採取へ向けた調査など探査活動を行う予定です。

(※)6月27日の「はやぶさ2」運用時間:6月27日7時00分~6月27日15時00分(日本標準時)。
化学推進系スラスタの噴射は、6月27日の運用中に予め探査機に送信したコマンドプログラムのタイムシーケンスの中で自動的に行われました。

発表日:平成30年6月27日
発表:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
────────────────────────────────────────
関連リンク:

小惑星探査機「はやぶさ2」(ISAS)
http://www.isas.jaxa.jp/missions/spacecraft/current/hayabusa2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さあ、これからが探査活動の本番です!。そして、地球帰還は2年後の2020年です。

たぬき@つくば 180627
 

高校野球・静岡大会の試合日程決まる!

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月23日(土)18時54分48秒
編集済
  2018夏の高校野球-静岡大会の試合日は、が以下のように決まったそうです!

母校韮山の初戦は、「7月14日@草薙球場、第3試合 対 聖隷クリストファ高」となった模様です。

さて、今年はどこまで行けるか?・・・
---------------------------------------------------------------
7月7日
1回戦
沼津商-清水桜が丘
---------------------------------------------------------------
7月8日
1回戦
浜松市立-島田工
南伊豆-藤枝明誠
日大三島-島田
浜松北-金谷
静岡商-富士宮東
川根-榛原
富士宮北-磐田南
浜松日体-小山
袋井-横須賀
沼津高専-熱海
清水西-富士宮西
御殿場-島田樟誠
伊豆中央-清流館
オイスカ-浜松湖北
焼津水産-佐久間
磐田農-浜松学院
袋井商-浜松城北工
裾野-富士東
沼津工-相良
三島北-静岡北
三島南-菊川南陵
清水東-伊東商
星陵-浜松修学舎
----------------------------------------------------
7月14日
1回戦
御殿場南-富士
浜松東-磐田西
駿河総合-浜松工
浜松大平台-田方農

"聖隷クリストファ-韮山"

御殿場西-浜松湖東
誠恵-下田
科学技術-藤枝東
静清-浜松江之島
静岡学園-伊東
藤枝北-富岳館
静岡東-磐田北
掛川東-城南静岡
沼津東-掛川工
浜名-浜北西
湖西-浜松商
浜松西-静岡農
浜松湖南-浜松開誠館
飛龍-桐陽
天竜-浜松南
藤枝西-池新田
小笠-常葉大橘
新居-沼津城北
===================================================
上記の第1回戦を含めた全試合の組み合わせ表を、添付の図に示します。

今年こそ母校の活躍を期待したいものです。

たぬき@つくば 180623
 

リュウグウの写真!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月21日(木)22時58分48秒
編集済
  330~240kmの距離から撮影したリュウグウの写真が公開されました!

そろばん玉のような独特の形をしています!

どうしてこんな形になったのでしょうか?、不思議ですね!

詳細は、はやぶさ2の特設サイトでご覧ください。

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180619je/index.html

その後もはやぶさ2は、リュウグウに向かって飛翔を続けていて、

リュウグウまであと60.81kmまで近づきました!

いよいよ到着ですね!

たぬき@つくば 180621
 

参加してみませんか?>JAXAシンポジウム2018

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月 9日(土)09時01分10秒
編集済
  ■ JAXA 発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JAXAシンポジウム2018「Discover NEW!with new JAXA」開催のご案内

http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180608_symposium_j.html

今年度、JAXAは新たな中長期計画期間における活動を開始しました。

その節目にあたり、山川新理事長のもとでのJAXAの方向性をお示しするとともに、
はやぶさ2の小惑星リュウグウへの到達と、

目前に迫ったBepiColomboの打ち上げを例として、宇宙科学や宇宙探査の目的、期待される成果等について紹介します。

さらに、プログラム後半のパネルディスカッションにおいては、国際協力による宇宙探査の意義や、JAXAが取り組むべき方向性について議論します。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。



-------------------------------------------------------------------------------

1. 日時:平成30年7月5日(木)18:15~20:30 (開場 17:15予定)

2. 会場:有楽町朝日ホール
     〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階
           URL: http://www.asahi-hall.jp/yurakucho/

3. プログラム概要・登壇者:詳細は別紙を参照。

4. 参加お申込み方法:下記ホームページより、お申込みください。
           URL: https://www.event-jaxa.jp/july2018/

参加費:無料、 定員:700名 ※先着順とさせていただきますので、予めご了承ください。
--------------------------------------------------------------------------------
別紙

http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180608_symposium_j.html#at

発表日:平成30年6月8日
発表:国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
シンポジウムは、注目の”はやぶさ2”の話が中心になることはもちろん、その会場も
”東京の新名所:”東京ミッドタウン日比谷”にも近いので、東京見物を兼ねての
ご参加も一興か?と思います。

たぬきも参加申し込みはしておくつもりです。
尚、参加する方は、上記4のように事前申し込みが必要です。

たぬき@つくば 180609
 

愛称決定!>水星磁気圏探査機MMO

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月 8日(金)17時16分26秒
  ■ JAXA 発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
水星磁気圏探査機MMOの愛称決定について

http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180608_mmo_j.html

国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、今年度中に打上げ予定の「水星磁気圏探査機MMO(Mercury Magnetospheric Orbiter)」に対し、広く皆様に親しみを持っていただくため、

平成30(2018)年2月20日~4月9日の期間で愛称を募集しました。多くのご応募をいただいた中から選考を行い、最終的に以下のとおりと決定しましたので、お知らせします。

1. 愛称:「みお」 ローマ字表記「MIO」

2. 選定理由

・「みお」は河川や海で船が航行する水路や航跡の意味をもつことから、これまでの探査機の研究開発の道のりを示すとともに、これからの航海安全を祈る愛称であること。

・古くより船が航行するときの目印にする標識を澪標(みおつくし)と云い、和歌では「身を尽くし」の掛詞になることから、努力と挑戦を続けるプロジェクトメンバーの思いを表していること。

・水星の磁気圏によって変化する太陽風のプラズマの流れのなかでMMOは探査する。この状況と船が流れの中を進むイメージが合致すること

・海外の方にも発音しやすいこと。

3. 応募状況
応募総数 6,494件  「みお」提案者数は 19件(ほかに、類似した提案として、「みおつくし」 3件)

4. 選考委員会メンバー

早川 基    BepiColomboプロジェクトチーム プロジェクトマネージャ
        (JAXA宇宙科学研究所 太陽系科学研究系 教授)
村上 豪    BepiColomboプロジェクトチーム プロジェクトサイエンティスト
        (JAXA宇宙科学研究所 太陽系科学研究系 助教)
生田 ちさと  JAXA宇宙科学研究所 宇宙科学広報普及主幹
的川 泰宣   JAXA宇宙科学研究所 名誉教授
武内 直子   漫画家

5. その他
7月以降に、「みお」提案者全員に、記念品を送付します。

参考:国際水星探査計画(BepiColombo)と「みお」について
http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180608_mmo_j.html#at

発表日:平成30年6月8日
発表:国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構
────────────────────────────────────────
関連リンク:
水星探査計画「BepiColombo」
http://www.jaxa.jp/projects/sat/bepi/index_j.html

水星磁気圏探査機 MMO(BepiColombo計画)(ISAS)
http://www.isas.jaxa.jp/missions/spacecraft/developing/mmo.html

BepiColombo水星探査計画(プロジェクトページ)
http://www.stp.isas.jaxa.jp/mercury/index-j.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たぬき@つくば 180608
 

今後は更に減少!>太陽黒点

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月 8日(金)02時44分12秒
編集済
  (無線ヲタクネタ)

JA2YCZ(旧韮高物理部無線班)メンバー各位
JA2DYG/JI1BXD たぬき@つくば です。

SWニュース(http://swnews.jp)から、5月の太陽黒点指数の結果が出ました。
------------------------------------------------------------------------------------
WDC-SILSOより、5月の黒点相対数が発表されています。
5月の平均値は、 13.2 でした。

2017年10月以降、黒点相対数の月平均値は、
10前後を推移しています。

1枚目のグラフを見ると、5月の点も含めて、
グラフの最後にデータが集まっている様子が分かります。

前回の極小にあたる2008~2009年を見ると、
この頃のデータは、更に0の線に近い所に集まっています。

今回の極小がどの程度まで下がるかですが、前回程度に下がるとすると、
これから更に黒点は少なくなっていくでしょう。
-------------------------------------------------------------------------------------
とのこと、・・・我々無線ヲタクにとっては絶望的状況ですねー!

益々、最近大流行のデジタルWS通信(FT8やJT65モード)だけが頼りです。

嘆きのたぬき@つくば 180608
 

田中誠一先生からの手紙

 投稿者:多忙になった70歳  投稿日:2018年 6月 7日(木)17時31分23秒
  「古希を祝う会」いかがでしたでしょうか?きっと楽しんでもらえたと思っています。案内状を出すにあたり、同窓会事務局から我々18期生の恩師の先生方のリストをもらい九州の田中誠一先生にも電話をしてみました。数年前に病に倒れて外出がままならない状態だが、話すことはできるということで同期会の写真を送る約束をしました。全員集合、3先生、女性、など数点を送りましたところ、先生から礼状をいただきました。
きっと不自由な体に鞭打って書いてくださったものと思われます。たぬき殿に教えを乞うて肉筆の手紙を披露したく思い、ここに投稿いたします。もちろん田中先生の承諾は得ております。(恥ずかしそうな話ぶりでしたが)懐かしく、うれしい思いがしています。
 

間もなくリュウグウに到着!>はやぶさ2

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月 4日(月)18時50分49秒
編集済
  イオンエンジン往路完走!

今年(2018年)1月10日から第3期イオンエンジン運転を行ってきましたが、2018年6月3日にその運転を終了しました。

これで、小惑星リュウグウに向かう往路のイオンエンジンの運転はすべて終了したことになります。

さあ、いよいよリュウグウ到着です!

到着は、6月21日~7月5日頃とのこと。

詳しくは、下記のサイトなどでどうぞ。

http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180604/

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000036-mai-sctch

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000005-wordleaf-sctch


たぬき@つくば 180604
 

無事帰還!>金井宇宙飛行士

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 6月 3日(日)23時35分31秒
  ■ JAXA 発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
金井宣茂宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(53S/MS-07)の帰還について

http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180603_53s_j.html

 国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在を終了した金井宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船は、以下のとおり無事帰還いたしましたのでお知らせします。

着陸日時:
平成30年6月3日(日) 21時39分(日本時間)
平成30年6月3日(日) 18時39分(カザフスタン時間)

着陸場所:
カザフスタン共和国

搭乗員:
アントン・シュカプレロフ(ROSCOSMOS、露)
スコット・ティングル(NASA、米)
金井 宣茂(JAXA、日)

備考:
シュカプレロフ宇宙飛行士、ティングル宇宙飛行士、金井宇宙飛行士の第54次/第55次長期滞在クルーは、宇宙に168日間滞在しました。

参考リンク:
より詳細につきましては、次のインターネットアドレスをご覧ください。
http://iss.jaxa.jp/iss/jaxa_exp/kanai/

理事長談話
http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180603_53s_j.html#at1

野口聡一宇宙飛行士のコメント
http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180603_53s_j.html#at2

星出彰彦宇宙飛行士のコメント
http://www.jaxa.jp/press/2018/06/20180603_53s_j.html#at3

発表日:平成30年6月3日
発表:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
────────────────────────────────────────
関連リンク:
ISS・きぼう広報・情報センター
http://iss.jaxa.jp/
宇宙飛行士
http://www.jaxa.jp/projects/iss_human/astro/index_j.html
金井宣茂宇宙飛行士
http://iss.jaxa.jp/iss/jaxa_exp/kanai/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
たぬき@つくば 180603
 

金井宣茂宇宙飛行士の帰還予定日決定!

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 5月24日(木)15時15分56秒
  ■ JAXA 発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
金井宣茂宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船(53S/MS-07)の帰還予定日時について

http://www.jaxa.jp/press/2018/05/20180524_53s_j.html

金井宣茂宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船(53S/MS-07)の帰還日時について、飛行準備審査会において最終決定されましたので、お知らせいたします。

[記]
53S帰還予定日時 :
平成30年6月3日 12時40分(世界標準時)
平成30年6月3日 21時40分(日本時間)

※上記は予定日時であり、確定時刻は着陸後に発表いたします。

発表日:平成30年5月24日
発表:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 発行:JAXA(宇宙航空研究開発機構)広報部 http://www.jaxa.jp

たぬき@つくば 180524
 

速報:古稀記念同期会

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 5月17日(木)14時45分14秒
編集済
  15~16日の一泊2日で大規模に開催された18期同期会(ゴルフ会と合同?)も、
盛況下に無事終了致しました!

宿泊者が多かったので、明け方まで語りつくしたことも楽しさが盛り上がった一因ですね。

幹事の皆さまの長らくのご準備と実施作業に深謝致しますとともに、
大変お疲れさまでした。

会の様子は、速報版として、とりあえずは添付した写真から、ご推察下さい。
このサイトでは、全員写真、恩師3方、乾杯の写真の3枚を掲載して置きます。

なお、全ての写真をご覧になりたい方は、以下のリンク先サイトをクリックしてください。

https://drive.google.com/drive/folders/11h4aa90DabCG6s2hfRFgC4d2QTCNpbap?usp=sharing

さて、貴方はどこに?、彼女はどこに?、そしてタヌキはどこに?、写っていましたか?

(個人情報は割愛、写真撮影・提供・上記サイトへの掲載:IW崎氏)

追伸:”新品の靴”をお間違えした方が発生!
    気のついた方は、最寄りの幹事までお申し出ください。
    お互い歳ですので、ご自分の足下には充分のご注意を!

たぬき@つくば 180517
 

古稀記念・同期会は明日です!

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 5月14日(月)21時27分0秒
  韮山高校18期卒の、古稀を記念する同期会はいよいよ明日15日開催です!

幹事の皆さま、ご準備ありがとうございます。

幸い、好天に恵まれそうですね。 真夏日になりそうとか!?

出席予定のハガキを出された方は、どうぞお忘れなく。

会場でお会いしましょう!

たぬき@つくば 180514
 

FT8モードでも使えそう!>Es@50MHz帯がワイド・オープン

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 5月12日(土)01時02分31秒
編集済
  (無線ヲタクネタ)

JA2YCZ(旧韮高物理部無線班)メンバー各位
JA2DYG/JI1BXD たぬき@つくば です。

本日(5/11)、今季初めて50MHz帯でEs(スポラディックE層)が
全国的にオープンしました!

時期的には既にGWは明けていますので、”例年通り”と言っていいでしょう。
既に5/6には、東京上空(観測点:国分寺)だけはEsが出現していたので、

全国的にオープンするのも近々かな?と予想していたので大当たり!
で、たぬきとしても、久しぶりに気分がいいです。(笑)

九州福岡の山川観測点では、午前中からEs指数”fxEs”が9MHzを超え始め、
最高時には11.6MHzまでも上昇!、

これならば東京でも・・・!!!と期待したのですが、午前中は出現せず、
午後も3時半過ぎてから上昇し始めました。

その後は山川(福岡)/国分寺(東京)ともにfxESが10MHzを超える状態が
19時過ぎまで継続し、最高時には「17.8MHz」を記録!、

大変強いEsの出現となった次第です。
これらのfxES値の変化の表を添付して置きます。

赤で示されるセルが9MHzを超えた強いEsであることを示しています。
(尚、交信可能周波数Faは、fxExの5倍ですので、

17.8x5=89まで通信可能!だったことが理解できます)

今季初めて導入したばかりの新通信方式”FT8モード”での運用を体験したところ、
5(四国)、6(九州)エリアを中心に7局と交信できました。

出現時間の割には交信した局数が少ないのは、Esの出現に気が付いた局が少なかった?
FT8モードを用いたから?、等と想像してます。(次回は大幅に増えるかも?)

またFT8モードによる5エリアの局との交信例をWSJT-X画面で、下段に示します。

以上の結果、空中状態の変化が激しい50MHz帯のEs下でも、
「FT8モードによる交信は、CWによる交信に近い感じで使えそう」だと実感しました。

(同じWS通信でも、JT65モードでは、送受信に各1分も掛かってしまうのでこうはいかない?=未体験)

たぬき@つくば 180512
 

古希を祝う会-寄附2

 投稿者:ta-chy  投稿日:2018年 5月 7日(月)00時30分25秒
  参加される方からは「俺※※持ってくヨ!」等の連絡を頂いております。
又、寄附をされる方はこのサイトに「※※を送った」等書き込みして頂けると幸甚!
 

5月24日~27日です!>NHK技研公開

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 5月 6日(日)01時25分5秒
編集済
  NHK技研公開2018

毎年恒例の技研公開の詳細は、以下のサイトでどうぞ!

https://www.nhk.or.jp/strl/open2018/event/

会期:5月24日(木)~27日(日) 午前10時~午後5時

会場:NHK放送技術研究所

アクセス:

https://www.nhk.or.jp/strl/about/access.html

---------------------------------------------------------------------------------
たぬき@つくば 180506
 

古希を祝う会

 投稿者:ta-chy  投稿日:2018年 5月 4日(金)18時46分36秒
  「18期古希を祝う会」が5/15(火)17:30より「かめや恵(え)庵」で開催されます。先日幹事の剣道部を中心にバレー部、女性陣で打合せを持ちました。余興として「クジ引き」を催そうとの発案があり20個程準備する運びとなりました。で!有志の方々からの『寄付』をお願いしたくここに投稿した次第です。
どんな物でもかまいません、是非趣旨にご賛同頂き『ご寄附』の程お願い致します。寄附品は、かめやさんに「18期古稀会寄附」としてお送り頂ければ幸甚に存じます。
 

いよいよEsシーズン到来!

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 5月 1日(火)00時31分51秒
編集済
  (無線ヲタクネタ)

JA2YCZ(旧韮高物理部無線班)メンバー各位
JA2DYG/JI1BXD たぬき@つくば です。

もうすぐGW、リタイヤ後は、GWを如何お過ごしでしょうか?

さて、今年も無線ヲタクにとっては、待望のEs(スポラディックE層=D/E/Fの3層ある電離層のうち、E層のある高度80km付近に”突発的に現れる電離層のこと)発生のシーズンになりました!。

これが発生すると、普段は無線で交信できない地域と突如、多数交信できることから、
我々無線ヲタクにとっては、待望の季節到来と言える訳です。

日本上空では、毎年GWの前後~発生していますが、私のところ(関東地方)では、
今年は、今日(4/29)現在、まだ発生していません。

が、「今日、遥か南の沖縄地方では、午後の4時頃から強いEsが発生!、夕方7時過ぎまで継続」しました。

(添付写真参照=赤色は強く発生していることを示す、クリックで拡大表示可能)

通常、南方で発生したEsは、時間経過とともに”新幹線並みのスピードで北上する”ので、

”今日は、関東地方でも発生するかも!”と期待に胸躍らせたのですが、何故か?沖縄地方だけでストップ!、・・・残念至極です。自然現象ゆえ、思うようにはいかない!

もっとも季節的には、まだGWの前ですので、近日中にはきっと関東地方でも・・・?

太陽活動は低迷していても、それと無関係にEsの発生は発生することが知られていますので、
「Esと新しいWSデジタル通信技術(FT8/JT65通信モードなど)の組み合わせ」で、

ここ数年はDX交信を楽しんでいくのが、望ましい形かな、と考えています。
今年は、HF帯全バンドのWS通信モードの免許が降りたこともあり、

フルに挑戦してみたいと思います。

添付した写真は、時刻経過に沿って、今日一日のEs出現の様子を示したもので、
上段→中段→下段の順です。

沖縄では、17時ころから赤い表示(強いEsが発生)が示されていますが、
沖縄以外の4地域(山川@福岡、国分寺@東京、稚内@北海道)では、全く発生しなかった

(青のまま)ことが窺えるでしょう。

尚、本データは情報通信研究所(NICTサイト)で、公開されているものです。

http://wdc.nict.go.jp/IONO/fxEs/latest-fxEs.html

今年は、FT8モードでEs出現を存分に楽しみたいと思います。
メンバーの皆さんも、如何ですか?

たぬき@つくば 180429
 

電柱ロケットがギネスに!

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 4月27日(金)21時32分49秒
編集済
  先に2回目の打ち上げで成功した電柱ロケット、この度は、ギネス記録に認定されたとのこと!

■ JAXA発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SS-520 5号機がギネス世界記録(R)に認定されました
http://www.jaxa.jp/press/2018/04/20180427_guinness_j.html

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロケットSS-520 5号機が、「smallest orbital rocket」としてギネス世界記録(※1)に認定されましたので、お知らせします。

1.SS-520 5号機のギネス世界記録について
URL:http://www.guinnessworldrecords.com/world-records/smallest-rocket

記録名 :
smallest orbital rocket / 最小の軌道ロケット
記録数値 :
高さ9.54m 直径0.52m(代表径)
記録詳細 :
The smallest orbital rocket is SS-520-5, measuring 9.54 m (31 ft 3.5 in) tall and 0.52 m (1 ft 8 in) in diameter and weighs 2,600 kg (5,732 lb), achieved by Japan Aerospace Exploration Agency (Japan) in Uchinoura Space Center, Kagoshima Prefecture, Japan, launched on 3 February 2018.

2.SS-520 5号機の成果や今後の展望について
SS-520 5号機の開発を通し、国際競争力のある超小型衛星および超小型打上げシステムの実現に向けて、参画した民間企業も含め、小型・低コスト・短期間での開発を行うための技術を獲得するとともに次世代の人材の育成に寄与できました。
JAXAは、我が国における宇宙での実験・観測、将来輸送技術分野等において本成果を活用して参ります。それとともに、小型で低コストの打上げシステムの実現・普及などにより、世界のより多くの人々が宇宙を生活、学術、産業等において広く活用できるよう、今後このような先導的な技術がさらに産業界も含めて積極的に活用されていくことを期待しております。

■羽生宏人 SS-520 5号機プロジェクトマネージャのコメント:
「我が国の科学技術水準の高さ、そして永年培ってきたロケット開発および運用の基盤があったからこそ、世界に例のないほどに小さな衛星打上げ用ロケットが実現されたのだと思います。この成果を活かし、さらなる技術の高度化を目指したいと思います。」

※1)ギネス世界記録はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

参考:
SS-520 5号機について
http://www.jaxa.jp/press/2018/04/20180427_guinness_j.html#ref

発表日:平成30年4月27日
発表:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
────────────────────────────────────────
関連リンク:
観測ロケット SS-520(ISAS)
http://www.isas.jaxa.jp/missions/sounding_rockets/ss-520.html

S-310/S-520/SS-520(観測ロケット)
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/s_rockets/index_j.html

ギネス世界記録・公式サイト | Guinness World Records
http://www.guinnessworldrecords.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
詳しくは、次のサイトでどうぞ!

http://www.jaxa.jp/press/2018/04/20180427_guinness_j.html


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00029216-mbcnewsv-l46

たぬき@つくば 180427
 

関東地区韮山同窓会

 投稿者:CQS@世田谷  投稿日:2018年 4月27日(金)10時16分37秒
  皆様

関東地区韮山同窓会の案内通知を頂きました。

 日時 : 6月2日(土)午後1時~3時

 会場 : レストラン「アルカナ東京」 東京駅隣 丸の内JPタワー KITTE 6階
      TEL 03-6256-0864 (経営者:同窓)

      とのことです。

  現住所に関係なく出席できます。
  会場は広く、余裕が有ります。東京見物を兼ね、出席され、お会いできれば、心強く、楽し  みが増します。

       CQS(三島北中卒)
 

予測通り・・・>”こと座流星群”の結果

 投稿者:たぬき@つくば  投稿日:2018年 4月27日(金)00時02分34秒
編集済
  (天文/宇宙ヲタク・マニア向けネタ)

少し遅くなりましたが、観測結果を報告します。

去る4/23未明の「こと座流星群」の結果ですが、事前の予測通り、大出現は起きませんでした。

関西地方の北摂のように、一部の地域では”1時間に2~3個程度”見られた!との報告も

ありましたが、平均的にはどの地方も冴えない結果に終始したようです。

たぬきの住むつくば地方も天気こそ晴れたのですが、肝心の流星はほとんど現れませんでした。

電波の観測でも、ピークの午前3時前後に、”1~2個現れた”程度です。

写真2枚を添付します。

でも、この写真はちと疑問(=痕跡が縦に伸びている!?)で、人工雑音を捉えてしまったのかも・・・

いずれにしろ、流星群の大きな出現はなかったには違いありません。

近年の宇宙は、「塵や埃さえも存在し得ないクリーンな状態」になってしまっているようで、

マニアにとっては、面白味のない時季が到来している・・・

今後は、「6月の昼間流星群や、8月のペルセウス座流星群」に期待を繋ぐことにします。

めげないタヌキ@つくば 180426
 

レンタル掲示板
/48