投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


謹賀新年 Happy New Year !

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2016年 1月 4日(月)03時21分29秒
返信・引用
  こんにちは。
お正月をいかがお過ごしでしょうか。

みなさまにとって素晴らしい一年となりますよう、お祈りしております。

今年の書き初めは、さるを書きました。リスザルという種類のさるです。

”サリュ(salut)”というフランス語の気軽な挨拶の言葉がありますが、干支にちなんで、”さるっ”と軽やかに、この御刀談義室を覗いていただけましたら幸いです。

みなさまの書き初めや撮り初めなどもよかったらご投稿ください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

http://www.toukenkomachi.com

 

Re: 今年もあと少し

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2015年12月30日(水)16時29分21秒
返信・引用
  Hさんへのお返事です。

暖冬と思っていたらここ数日、寒くなりましたね(笑)。
暖かかったり、寒かったりすると体調を崩しやすいので、気をつけましょう。

わたしは本日仕事納めの予定ですが、商談中の案件などがありまだまだ張り切ってやっています。
昨日、仕事場のレイアウトを変えて、撮影のための新しい機材も導入しましたので次なる展開が楽しみです。

それはそうと、来年もどんどん介入の件、承知いたしました。
介入というか、君がすすんで話題を提供しろっという感じですかね。
みなさまの、いろんなお話ももっとお聞きしたいですね。
交流の場で、とてもフラットにただそこにあって楽しんで集えるような感じで・・・

ときどき、刀剣趣味の方や刀剣を持っている方は、割合からいって非常に少ないものですから、語り合う仲間があまりいなく、
やっぱり少し寂しいと思う方が多いのではないかと、いつも思っているんです。

まあまあ、成り行きに任せるとしましょう。
来年もよろしくお願い申し上げます。

http://www.toukenkomachi.com

 

Re: 今年もあと少し

 投稿者:H  投稿日:2015年12月29日(火)17時28分13秒
返信・引用
  > No.1312[元記事へ]

番頭・ツカダさんへのお返事です。


 こんにちは。作品展が終わると刀剣博物館も正月休みに成りますので一年の締めくくりと言う感が有ります。
 暖冬と思っていましたが、ここ数日は少し寒く成って来ました。

 以前、毎日の様に小町さんが掲示板に書き込みされていましたが、楽しみに読んでいた方も多いと思います。ですので、どんどん介入して下さった方が良いと思います(^-^)

 良いお年をお迎え下さい。


> Hさま、作品展のご紹介をありがとうございました。
> 皆さまたいへんご活躍だったようですね。
>
> ほんとうに今年の冬は、例年より暖かで、過ごしやすそうです。
>
> 雪も少しは降ったらいいなと思いますが、どうなるのでしょう。
>
> 今年もあと少しですが、みなさまどんな一年でしたでしょうか。
>
> 来年こそは、この掲示板は、より活気あるものにしたいですね。(・・・と、思ってるのですが。)
> そのポイントは、私が介入しないことだと思っているのですけど。
> だからみなさまご自由に書き込んでいただき、お返事をしたり問いかけをしたりしていただけたら、本望でございます。
>
> ことしも、書き込みしてくださったみなさま、ご覧くださったみなさま、ありがとうございました。!
>
> よいお年をお迎えくださいませ。
>
>
>
 

今年もあと少し

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2015年12月28日(月)19時11分59秒
返信・引用
  Hさま、作品展のご紹介をありがとうございました。
皆さまたいへんご活躍だったようですね。

ほんとうに今年の冬は、例年より暖かで、過ごしやすそうです。

雪も少しは降ったらいいなと思いますが、どうなるのでしょう。

今年もあと少しですが、みなさまどんな一年でしたでしょうか。

来年こそは、この掲示板は、より活気あるものにしたいですね。(・・・と、思ってるのですが。)
そのポイントは、私が介入しないことだと思っているのですけど。
だからみなさまご自由に書き込んでいただき、お返事をしたり問いかけをしたりしていただけたら、本望でございます。

ことしも、書き込みしてくださったみなさま、ご覧くださったみなさま、ありがとうございました。!

よいお年をお迎えくださいませ。


 

こんにちは。

 投稿者:H  投稿日:2015年12月14日(月)13時40分18秒
返信・引用
  段々と冬が本格的になる時期ですが、今年は少し暖冬のようですね。

少し書き込みさせて下さい。
刀剣博物館で現在、研磨外装技術発表会の入賞作品展が行われています。
今月20日までですので後会期は少しですが、機械のある方はご見学ください。

刀剣博物館 http://www.touken.or.jp/
 

掲示板 変更点のお知らせ

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2015年12月11日(金)14時48分22秒
返信・引用
  みなさま、こんにちは。

今日は、こちらは春がやってきたかのような暖かい日です。みなさまのお住まいのところはいかがですか。

すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、刀剣小町のウェブサイトからこちらの掲示板「御刀談義室」とブログ「刀剣小町の日記」、ツイッター「toukenkomachi_e」、ウェブサイト「刀を学ぶー民主主義の時代に生きる日本刀」をそれぞれ分離しております。それぞれキーワードで検索していただけますとご覧いただけます。


言論は自由でありたい、

けれども、

刀剣小町のウェブサイトは、様々な意見の違いを超えて歴史の遺品である御刀や小道具その他を落ち着いてじっくりとご覧いただけるサイトにしたい、

という二つの希望を実現する具体的方法として、そのようにさせていただきました。


この掲示板も、本日より管理者承認後の掲載を止め、当店の宣伝などは極力控えて、みなさまにリラックスして御刀のお話を思い思いに楽しんでいただけるようにしたいと思います。

引き続きよろしくお願い申し上げます。



 

Re: お久しぶりです

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2015年11月 1日(日)00時07分8秒
返信・引用
  > No.1308[元記事へ]

初心者さんへのお返事です。

お久しぶりです。
中古の一眼デジカメを購入されたのですか。
備前刀の写り、見えています!きれいですね。

お尋ねの件、
プライベートと仕事という境目がほとんどなく、刀剣小町の仕事をしてきたので、最近は仕事の写真しかとらなくなってしまいました。

最近はこの掲示板への私の投稿が少なくなってしまい、管理者なのに、見に来てくださる方には申し訳無いです。

徐々に復活させていきますので、よかったらときどき覗いてみてくださいね。

初心者さまも寒さには十分お気をつけになってください。
 

お久しぶりです

 投稿者:初心者  投稿日:2015年10月30日(金)00時48分27秒
返信・引用
  つかだ様 こんばんわ
中古の古い一眼デジカメを買ってしまいうれしく撮りました。
(今まではコンパクトデジタルメインだったので)
備前刀の映り(ところどころ黒いの)が写り満足です。
つかだ様はプライベートでも写真(ポートレイトや野鳥とか)を撮られるのでしょか?
さしさわりなければ教えてください。
でわ気候の変わり目風邪などめさないよう
がんばってください。


 

9月の大型連休中も通常営業しています!

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2015年 9月19日(土)21時06分0秒
返信・引用
  みなさま、こんばんは。
Hello, everyone.

秋の大型連休は、5月のゴールデンウィークに対してシルバーウィークとも呼ばれるようですが、連休を楽しまれている方も多くいらっしゃることと存じます。
It has started autumn consecutive holidays in Japan. It is said "Silver Week " as compared to "Golden Week" in May. How do you enjoy the holidays ?

読書の秋でもありますので、刀剣小町では刀剣関連書籍を多数ご紹介してまいります。
Autumn is a confortable season and the nights are getting longer, so it is suitable for reading books. We are going to introduce many interesting books of swords.


また、今月は御刀の商談成立件数が平常よりかなり多く、誠に有り難いことです。
By the way, the dealings of swords are so frequently on this month, it is memorable for us.

当店では、御刀の委託販売を承っておりますので、売却を検討されている皆様は、お問い合わせいただけましたら幸いです。
If we could help you on consignment sales of Japanese swords and fittings, please ask us without hesitation. Of course it is acceptable from abroad.

委託販売のメリットは、いくらでその刀剣や刀装具が販売されるのかが明瞭という点です。当店の委託販売は委託手数料もリーズナブルです。
The advantage of consignment sales of us is that you can see the price of your swords and sword fittings for sale. We have been making effort to set the commission fee reasonable consistently.

詳細はこちらをご覧くださいませ。
http://www.toukenkomachi.com/index_ja_itakuhanbaikitei.html

皆様にとって、楽しいシルバーウィークとなりますように!
I  hope that  it become very nice silver week for everyone !

http://www.toukenkomachi.com/

 

「現代刀の魅力」展示解説会

 投稿者:番頭・ツカダ  投稿日:2015年 8月27日(木)16時30分39秒
返信・引用 編集済
  みなさま、こんにちは。
Hello, everyone.

広島市の頼山陽史跡資料館では、今月30日まで「現代刀の魅力」と題して現代刀屈指の刀匠たちの優品を集めた作品展が開催されています。
Exhibition of modern Japanese swords titled " Gendaito no  Miryoku (the quality of arousing interest of modern Japanese swords)" is being held at Rai Sanyo Shiryokan in Hiroshima city.

今週末の、8月29日土曜日には、三上貞直刀匠、久保善博刀匠、松葉國正刀匠による展示解説会が行われるそうです。
Especially in this weekend Saturday, 29th August, three swordsmiths of Mr. Mikami Sadanao, Mr. Kubo Yoshihiro, Mr. Matsuba Kunimasa are going to have a talking event by their own.

時間 : 午前の部 11:00~、午後の部 14:00~ の二回
Open : AM 11:00~、PM14:00~ 2 times

入館料 : 一般 300円(団体240円)/65歳以上 240円/小中高生 150円(団体120円)*団体は15名以上
Entrance fee : adult 300jpy(group240jpy)/over 65 years old 240jpy/student in school 150jpy(group120jpy) *group is over 15 people

日頃お客様からお伺いするお話などから拝察しましても、
現代刀に興味がおありのみなさまにとってはたいへん関心の高い刀匠お三方と存じます。
Their works are often talked  also in our customers, so that I  suppose many modern Japanese swords fan have high interest about them.

刀の魅力と鑑賞のポイント、ご自身の作品に込めた思いなどを語られ、真剣"試し切り"の演武も行われるとのことです。
In the leaflet, it says three swordsmiths will talk about the point of appreciation of swords and the thought included to their sword making, and also do cutting test demonstration.

ぜひこの機会にお出かけになってみてはいかがでしょうか。
I  would like to recommend your visit in this time!

頼山陽史跡資料館 : 広島市中区袋町5-15
Rai Sanyo Shiryokan Museum : 5-15, Fukuromachi, Naka-ku, Hiroshima city, Hiroshima

(画像一枚目は頼山陽記念文化財団ウェブサイトより、画像二枚面は三上刀匠Twitter より転載)

http://www.toukenkomachi.com

 

/131