teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


河合さんは今・・・・・

 投稿者:西山  投稿日:2011年 2月 6日(日)18時25分8秒
  8年前のビデオを見ていたら、河合さんの映像がありました。
まだお元気でしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=clF6xxe0Bfw&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=clF6xxe0Bfw&feature=related

 
 

(無題)

 投稿者:Yonamine Sadao  投稿日:2010年 6月11日(金)16時47分39秒
  ブッダガヤの仏像も後光が電飾されていてこれが拝む対象である像なのかと非常に違和感を感じました。日本の仏像が古色蒼然としているのは、作られ た当時は仏教があの世とはあまり関係をもたず、現実性を帯びていたから、やはり金箔で覆われていたものが、次第に葬式仏教に変遷していったためにそうなっ たのではないかと考えております。小乗仏教の国々の人にとって、あの世にいるのは49日しかなく、転生したときにかけたほうがいいということで、その頼り になる仏様を喜ばすために金箔を奉納する習慣が出てきたのではないかと想像します。
 以上、ちょっと感じたことです。
 

最近のチェンマイ

 投稿者:sakiメール  投稿日:2009年11月26日(木)21時03分31秒
  この2、3日中国の寒気団がチェンマイまで南下している感じで肌寒く、室内で14度という気温です。
12月ー2月のチェンマイは、気温が急に下がる事がありますので、薄手の長袖などを持参される事をおすすめいたします。ゴルフなどで早朝のラウンド予定されるなら、オーバーにいうとウインドウブレーカーなどをキャディーバッグに忍ばせておく事をおすすめいたします。
今年は観光客が少なく、ガラガラなチェンマイでしたが、ここのところゴルフ場や町中に外国人観光客が見られるようになりました。
そういう意味では、暑すぎず快適な旅行を楽しめると思います。チェンマイについての何かご質問がありましたら、遠慮なくメールください。
 

チェンマイに行きます

 投稿者:jyogujyaメール  投稿日:2009年11月 3日(火)12時52分45秒
  「サキさんのチェンマイ日記」いつも読ませてもらっています。
バンコクまでは数回行きましたが、今回思い切ってチェンマイまで行こうと
予定を立てております。やっとネットで11月30日TGのバンコク~チェンマイ線の
切符を確保しました。
 久し振りの海外一人旅ですので、不安がいっぱいですが「サキさんのチェンマイ」を
観光させてもらいます、よろしく。
 

要人暗殺テロ

 投稿者:鈴木  投稿日:2009年 4月17日(金)21時05分9秒
  ソンテイ氏銃撃の映像があります。ラチャダーの近くのようですが。
タクシン派は惨敗を喫して、団体行動から要人テロ攻撃に方針変更したようです。

http://www3.nhk.or.jp/news/k10015462581000.html
 

とんでもないニュース

 投稿者:saki  投稿日:2009年 4月17日(金)16時30分36秒
  沈静化したと思ったらこんなニュースが飛び込んで来ました。
タイの政治の混乱が、これ以上エスカレートして、ゲリラ戦にでもなると大事です。
ーー
反タクシン派指導者、銃撃される=命に別条なし、運転手重傷-タイ

4月17日11時45分配信 時事通信

 【バンコク17日時事】タイの反タクシン元首相派市民団体「民主主義市民連合(PAD)」指導者の一人、ソンティ氏が17日早朝、バンコク市内を車で移動中、何者かに銃撃された。同氏は頭部を負傷したが、命に別条はないという。
 地元メディアによると、トラックの荷台に乗った男がソンティ氏の車にいきなり発砲。運転手が重傷を負い、ソンティ氏ともう1人もけがをした。同氏は、自らが率いるメディアグループの衛星テレビ番組に出演するため、自宅から移動中だった。
 

タイの混乱ひとまず終結

 投稿者:鈴木  投稿日:2009年 4月15日(水)14時37分49秒
  タイのお家芸である反政府運動も一先ず終結となったようです。

<今日のタイねた 4月15日号から>

●軍・警察による強制排除で、首相府前の拠点だけに追いやられ、デモ参加者もかなり減っていた反独裁民主戦線(赤シャツ軍団)ですが、これ以上の犠牲者を出すわけにはいかないという大義名分も出来、幹部がデモ解散を決定、実質的な白旗宣言で、ひとまず今回の騒動は終息した感じです。

首相府前に追いやったのち、軍が道路を封鎖して、食糧・水の供給を断つという兵糧攻めを行うと共に、既に昨日未明から政府が田舎までの無料バスを出すと懐柔策も出しており、これに応じるといいますか投降するデモ参加者も多かったようです。その案内は、タイ東北部の方言・イサーン語で行われています。
尚、バンコク中心部の各ショッピングセンターも昨日昼前後から再開しています。

●今回のデモに参加した人は政治的主義・信条があるわけでもなく、お金でつられた人が大半と言われています。といいますかタイの人は皆知っている公然の秘密です。

反独裁民主戦線(赤シャツ軍団)向けのビデオメッセージでタクシン元首相がデモに参加したら、500バーツ受け取れると発言している映像がユーチューブに出ています。

40秒のところで、カーウ・テーウ・ロー・ラップ・500バーツと言っています。カーウ=入る・加わる、テーウ=列(ここではデモ)、ロー=待つ・遭遇する、ラップ=受け取る。すぐに、横からスタッフらしき人が小声で、「ルット・クラップ(失言です)・ナーイ(ミスター)」と言ってますね。

http://www.youtube.com/watch?v=iyj-g8XI4xk
 

ラヨン

 投稿者:saki  投稿日:2009年 3月26日(木)14時43分59秒
  メールありがとうございます。
帰って来て調べたら、タイ東部でリタイアメント人口の多い地区は、パタヤ、ジョムティエン方面だといことがわかりました。まさに、ご指摘の通りです。
それにしても、パタヤからラヨン方面に続く海岸線に高層コンドミニァムの多いのには
驚かされました。南部のホアヒンからチャームにかけての海岸線も同じです。

はやはり、人間はのんびりしたい時は、山より海に向かうのでしょうか。
 

パタヤはリタイアメント天国

 投稿者:中山  投稿日:2009年 3月25日(水)00時15分23秒
  3月24日の記事では、ラヨーン旅行記がありますが、多くの白人がラヨーン方面に滞在していると書いてありますが、正確には、ラヨーンではなく、パタヤ(及びジョムティエン)です。

日本人は、TVはじめマスコミの扇動によりチェンマイがロングステイのメジャー地と思っているようですが、外国人の年金生活者にとっては、タイの中ではパタヤが圧倒的なメジャーな地位を占めています。数万人が滞在していると推定されています。

パタヤはバンコク国際空港にも近く、交通利便性が高い上に、生活インフラ(スーパー、病院・・・・)が充実し、特にゴルフなどアクティブなアウトドアスポーツ愛好者には天国のような土地です。

パタヤでは、外国人のロングステイヤーが急増し、高級住宅・コンドの建設ラッシュが続き、価格も鰻上りでしたが、2007年夏以降の世界経済急降下で、最近は沈静化に向かっているようです。

知人が年に半年ほど、パタヤに長期滞在し、毎週3~4回、ゴルフを楽しんでいるそうです。
彼は車が無いので、現地にあるゴルフ・スポーツバーが主催するゴルフコンペに毎回参加しているそうです。

パタヤには、下記の通り、PSC(パタヤスポーツクラブ)とIPGC(インターナショナル・パタヤ・ゴルフクラブ)という団体があり、会員になると、両団体に加盟しているスポーツバーのコンペに参加できます。
ゴルフ・スポーツバーは20以上あって、毎週3~4回コンペが開催され、毎回20~40人の参加があるようです。単純計算しても、毎週延べ1500人前後の方々がコンペに参加している規模です。
コンペに参加するには参加料200B程度(これは賞金として還元される)、交通費(ミニバス)250B前後が必要だそうです。

ハイシーズン(11~3月)には、現地ステイヤーの他に、中長期の旅行者が加わるので、参加者が毎回50人以上になるスポーツバーもあるようです。

下記のWEBサイトでは、ハンデイキャップ管理、コンペスケジュール、ゴルフGFの割引・・・・いたれりつくせりのインフラが整っています。
各スポーツバーも個別のサイトを保有していますので、非常に便利です。

http://www.pattayasports.org

http://www.ipgc.org

これからの雨季のローシーズンには、これらスポーツバーには一般のお客さんより格安なGF割引が提供されます。
管理人さんが行かれたセントアンドリュース2000の場合、GF+CF+カートの合計で1350Bと定価の3分の1です。
グリーンバレーもGFは600Bです。
旅行者でも、会員になれば、いつでもコンペに参加可能です。
 

チェンマイの煙害

 投稿者:saki  投稿日:2009年 3月21日(土)23時01分20秒
  ここしばらくチェンマイに帰っていないので、何ともいえませんが、今、バンコクに来ている家人の話では、ことしも煙害がひどく、日中はドイステープが見えない日が続いていると言います。
今年は、記録的な高温が2月にあり、自然発生の山火事などが頻発しています。海が近いバンコクは、時々強風が吹き、スモックを吹き飛ばしてくれますが、盆地のチェンマイでは、スモックがなかなかなくなりません。気管支炎で命がけは、ちょっとオーバーな表現ですが、空気は決してよくありません。
 

レンタル掲示板
/10